Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

旅立ちの春

ポチしてね





どれだけの人と出会い


一緒に 音楽 を共有してきただろう


たった 四年

されど 四年


華が咲くお手伝いができたのだな と思う時

雑多な事は もうどうでも良くなり

ただただ 嬉しさに包まれる






まだ 危なげな仕草も

時折見せる 不安そうな横顔も


ずっとやってきた 私にだって

未だに拭いされないもの




終えた時の笑顔と

次への目標が出来たら

それで良いのだと思う



積んて来たものだけが得る事のできる

ほんの少しの幸福感









残酷なのは 直ぐ次への課題を渡さなくてはいけない事

身体が忘れないうちに

記憶が鮮明なうちに



これを嫌って 賞賛の声の方向だけに去る人


それはそれで その人間の選びだ



私が二度と追うことのタイプの人間



スタイルは変えない

ずっとこの先も ずっと




でも 伝わると信じている

必ず




卒業おめでとう


充実の4年間に 拍手



次の拍手を またさせてほしい







スポンサーサイト

あと一か月 50回記念メモリアルコンサート

ポチしてね





>アルコバレーノの50回記念公演もあと1ヶ月に迫ってきました(^-^;💦
日曜日ごとに午前10時半~午後17時まで 長い時間の稽古が行われています


昨日は午前は 1部ステージで演奏される ロッシーニのオペラ セビリアの理髪師より 6重唱の稽古 午後からは 2部ステージ ドニゼッティのオペラ ラ ファボリータの初めての通し稽古でした 🎶

セビリアの6重唱は 私自身がとても憧れていた曲で楽しく 快活✨ これ一曲聴いただけでロッシーニの素敵さが伝わってくるような重唱です
スケジュールやプロデュース全般の兼ね合いがあり 私が歌う事は叶いませんでしたがメンバーが頑張って練習してくれています


かなりのドタバタ場面で6人それぞれの登場人物がクセ者揃い 歌唱も早いテンポにぎっしりと詰まった言葉を駆使するのが難儀で イタリア語の美しさがキーとなります 昨年の秋くらいから準備をしてきましたが のんびりモードのメンバーもいよいよ切羽詰まって来ましたね こういったテンションの高いオペラのレッスンはついつい私のテンションも上がります 見てられなくなり つい 自分でやってしまうのは良いのか悪いのか( ̄▽ ̄;) 特に酔っ払いに扮する伯爵の演技は喜劇の要となるので 何度も何度もやって見せて つられて笑ってしまうようなパフォーマンスに引き上げるように指導します 役柄の特徴がそれぞれ出るようこれからもっとやらないと…

セビリア1


午後からは2部ステージの稽古と初通し稽古
私自身 1幕から終幕まで 飛び飛びのハイライト演奏ですが 本当に手強いなあって印象でした( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`) 前半歌ってからのアリアがなかなかのハード ピアニッシモが多いハードさ 諸々のハード加減💧 暗譜もあわわわって感じでしたので 残りの時間詰めて行きたいです (ง •̀_•́)ง

それでも 最初から最後まで通しができて良かった(*^^*) 課題が明確になるのは感謝な事です オペラ 楽しい😊

藻岩山フォレストギャラリー アルコバレーノライブ終了しました

ポチしてね


藻岩2


10月15日土曜日 藻岩山フォレストギャラリーでのアルコバレーノ ライブ

無事に終了いたしました!

思いがけず ほぼ満席のお客様 (@_@)

正直 驚きました Facebookや ラジオでも宣伝してくださったらしく

紅葉の時期で快晴のお天気にも助けられて 盛会になりました

本当に本当に ありがとうございました




藻岩6


1時間45分しかリハーサルができないこともあり

バタバタ 走り回ってぎりぎりセーフ・・・

まずは ステージを 変えるところからからのスタートでした 💦





藻岩5


通常の使い方だと このガラス窓の手前がステージになります

非常に美しいし 眼でも楽しめるのですが 音がだめでした・・

私たちの歌の声ですと 反響しすぎて 歌詞がぼやけてしまい・・ 急遽椅子やピアノを全部動かして縦に会場をセッティングし直しました


こういう判断は会場に行ってみなければわからず

そして音を出してみなければわからないことです


ステージには逆にお客様に座って頂き 私たちは色々に移動して演奏しました


自分で言うのもなんですが 正解だったと思います


藻岩7



会場には小さなお客様も沢山いらっしゃいました



藻岩10


メンバーや 以前共演した方ののお子さんも座っていて 50回積み重ねてきた時間を思わされました

途中で胸がいっぱいになり・・ 感動しました




藻岩8


秋の陽射しが柔らかにというより まだ強い勢いでガラス窓から入り込み

綺麗な 綺麗なコンサートホールになってくれました

何よりの演出です 


歌った曲目は ムーンリバー エーデルワイス トゥナイト 椰子の実 メモリー 花は咲く もみじ
        
夕焼け小焼け 赤とんぼ

どの曲も この会場 そして 季節にぴったりでした  よかった・・・

初めての試みで キャスでライブ配信し こちらにも60人以上の方が来てくださり応援して下さいました

こちらでご視聴いただいた方も 本当にありがとうございました \(^o^)/



思い返してみれば アルコバレーノは ずっと入場無料のコンサートでした

お客様に背中を押され有料という形をいつからか取るようになりましたが

演奏会の原点に返ったような思いになりました


札幌市の活性化 そしてクラシック音楽の普及

私たちの拙い歌声が 何かのお役に立てたのでしたらこんなに嬉しいことはありません

観光地で声楽のコンサートができるなんて 素敵な街です  札幌って(*^^)




藻岩9

コンサート終了後 モーリスカーというケーブルカーのような乗り物に乗って山頂へ!

もう夕方になっていましたが 遠くまではっきりと見えて 街が一望できました



藻岩3


楽しかったです!!

この日は 打ち上げは無し  翌日音楽仲間のオペラを観に旭川に皆で行き

観光も含めて またまた楽しいことがいっぱいありました

改めて 記事を書かせていただきます



今回も 藻岩山フォレストギャラリーのスタッフの方々

そして 沢山いらして下さったお客様 様々な形で応援してくださった方々

多くの方にお世話になりました

心より感謝申し上げます

50回目のコンサート目指し そしてこれからも!!

どうぞよろしくお願い致します




藻岩1
 



















モーツァルト レクイエム 終了しました ヽ(^o^)丿

ポチしてね



ブログでのご報告がすっかりと遅くなってしまってごめんなさい🙇

先日10月5日 札幌コンサートホールキタラで行われた モーツアルトのレクイエム 
無事に終了しました  北海道出身の指揮者 松村正吾先生率いる 東京スカイラインオーケストラと札幌モーツァルトレクイエム合唱団とのジョイントコンサート でした


モツレク2


大好きなモツレク を  大好きな キタラ大ホールで歌えたのは 本当に幸せでした





モツレク3



もうどれだけの回数 歌っているでしょうか・・・

私の場合 第九より回数が多いです

メゾソプラノの私の声にぴったり合うのが モーツァルトのレクイエム

何度歌わせていただいても 感激します




モツレク4


響きの良いホールで しかも 東京スカイラインオーケストラ&松村先生とのお付き合いはもう11年にもなります

今回で札幌公演は最後になるということ・・

残念ですが 心に残るコンサートになりました




モツレク5


本当に本当に美しい曲です

どの曲もなぜあんなに愛しいのでしょうか

また 歌わせていただく機会がありますように




モツレク1


ソリストの皆さま そして松村先生と  本番前に 




モツレク6



楽屋にて これから出番!って顔ですね 💦



今回も 素晴らしい合唱を聞かせてくださった合唱団の方々にもお世話になりました

ご来場くださった お客様にも感謝申し上げます


ホント  素敵でした  (*^^)v






さて お次のコンサートは  もうすぐです (;^ω^)

10月15日土曜日  藻岩山ロープウエイ駅にあります フォレストギャラリーにて

アルコバレーノメンバーで小さなコンサートをします

私は ミュージカル キャッツより メモリー をソロで ほかにメンバーと色々歌わせていただきます

入場無料ですので ぜひお越しくださいませ

ちょうど 紅葉が素晴らしいです(きっと!)

素敵なホールで 耳慣れた曲をお聞きになりませんか

お待ちしております (*^-^*)




IMG_4487.jpg

7月9日 新アカデミー合唱団演奏会です

ポチしてね



小樽1

すっかりと 夏になりましたね

Arcobaleno3 すっかりと ご無沙汰になってしまいました・・

音楽活動は しっかりとやっておりまして 色々と状況が進行中です(*'▽')


さて 間際の告知になりますが

今週9日土曜日 札幌教育文化会館で15時より 

新アカデミー合唱団の定期演奏会があり出演させていただきます

演目は 前半が ロッシーニのミサ曲 小荘厳ミサ曲

後半が オペラ合唱曲特集です

小荘厳ミサは  最後のアルトのアリアだけ演奏したことがありますが

今回はこの曲はなく アンサンブル&合唱との掛け合い部分になります

オペラは 私は カヴァレリア ルスティカーナ の祈りの合唱を歌わせていただきます

常任指揮者の永井先生が無くなりになり 合唱団も新アカデミー合唱団と新しいお名前になり

気持ちも新たにスタートしました

伸びやかで明るい声を楽しんでいただけたらと思います

どうぞ お越しくださいませ(*'▽')

パンフレットで 詳細をご覧くださいませ ☆彡


よろしくお願いします 



IMG_3789.jpg


IMG_3788.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。