Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9日 初立稽古 & 新年会でした(*'▽')

ポチしてね




9日1



新年開けて 5日に勉強会があり
9日 3月50記念コンサートに演奏する ドニゼッティ オペラ ラ・ファヴォリータの合唱立稽古をしました
本来 長編のオペラを抜粋してコンパクトな形にしましたが 合唱が大きなウエイトをしめます
この日が芝居を付ける最初の稽古で 慣れた人も初めての人もいましたが
皆さんそれぞれ演じることにためらいなくチャレンジされていたように思いました



9日2


冒頭 端正な男声合唱は ハ長調で書かれており
何とも言えない 悲しさが漂う曲です
ただ1オクターブ上がって下がるだけのシンプルなメロディーですが
実に修道士の規律ある生活を表現していると思うのです
この日はざっくりとした動きだけの表しで終わりましたが
これから それぞれの個性が現れてくるといいなと考えています

女性は ヒロイン レオノーラの侍女イネスのアリアの中で明るく調和する仲間たちとして合唱は登場します
天国のように素晴らしい島レオーネ島での女性たちの喜びをかわいらしいレッジエーロな曲調で書かれており
後に牢獄に捕まり恐らく処刑されたであろうイネスの一番幸せな時に歌われる曲
華やかで清楚な芝居が求められます

そして フェルナンドが 愛するレオノーラが王の妾で知った後に歌われる合唱曲は壮大で
ベルカントオペラそのものといった 声の響きの素晴らしさが肝心な合唱曲
舞台に乗っている人間のそれぞれの思いが重なってできています


最後の合唱部分は レオノーラが城をでて 当てもなく彷徨い命の終わりにフェルナンドのいるであろう
修道院を訪ねてくる場面で影歌として歌われる 讃美歌


どの曲もどの場面も好きですね・・・
オペラは観るのも歌うのも楽しいのだということを実感していただけるように指導できたらいいなあと思いますし
また同じ思いで 舞台に立てたらよいなあと思います
次回の稽古はキャストが入ります
早いもので公演まであと2月半になりました
一歩一歩前進したいものです☆彡


稽古終了後 新年会をしました
楽しかったですね 食事を共にするとぐんと近づいて仲良くなれます
いつもできないお話をしたり ゲームをしたり 歌を歌ったり
いい時間でした 音楽がつないでくれた仲間です
大事にしたいと思います(*'▽')

9日3


新年のご挨拶をさせていただきました (;^ω^)💦




9日4


ピアニスト 大塚茜さんの 結婚祝い ♡ いつまでもお幸せにね
感慨無量です・・・感涙 本当におめでとう!





9日5
 

札幌はすごく寒くて 毎日厳しい気候です
皆さま どうぞお体大事になさってくださいませね
車の運転も気を付けましょう  








スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。