Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

エリッククラプトン&スティーヴウィンウッドのコンサートを聴いて

Tシャツ1



エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッドのライブに行ってきました

ロックのコンサートは初めて
それに 北えーるという会場にも初めて足を運びました

地下鉄(豊平公園)から会場まで直結のコンコースを進むと
開場前にもうすでに行列が作られ
なんといったら良いのでしょう・・・
静なる興奮 みたいなのが伝わって来ました
クラッシックのコンサートとは全く雰囲気が違います
大きな会場に満席状態のお客様
大半はミドルエイジ 七割が男性でしたね
改めて人気のほどを窺い知りました
1945年生まれのクラプトン
私は詳しい経歴や知識はほとんどありませんが
一言で言うと 本当に素晴らしかったですね
あれだけのギターを2時間ほぼ通しで弾き
難しいパッセージ(というのでしょうか)も
体のどこにも力みが無く楽器が身体と一体になった感じです
ロックのコンサートと言いますが
大半はブルース系の楽曲が多く
不慣れな私でもとても落ち着いて聞くことが出来ました
エレキギターの演奏もさることながら
驚いたのはアコースティック演奏で
繊細な音色が次々と繰り出され
一人でオーケストラサウンドを作り出しているようでした
全くの素人の感想ですが
卓越したテクニックも勝るクラプトンの「音楽」が心をわしづかみにしていく!
そんな感じでした
鍛えられた喉も素晴らしく
ウィンウッドもクラプトンもかなりの高音までなんなく発声していて
これまた驚きでした
普通60歳を過ぎると高音からダメージを受けるものだと思うのですが
おそらくハードな練習と節制を積み重ねているのでしょう
一流のプロフェッショナルというのはどの分野でも素晴らしいのだなあと
ただただ驚嘆して聞いておりました
また ベース ドラムス キーボード コーラス
そのパートもそれはそれは完璧な演奏で
特に心に残ったのは キーボードのサウンドで
世界レベルの力の大きさを感じました
始まる前は質素かなと思えた舞台装置も
垢抜けた照明とイメージフィルムの映し出しで演出効果も高く
ブルーズィーな楽曲をより鮮明に高めていました
それともうひとつ印象に残ったのは お客様の楽しみ方ですね
騒ぐという風でもなく ノリノリと言う風でもなく
お一人お一人が心を開いて心底クラプトンの音楽に心酔しているという感じ
長い間愛し続けた音楽をかみ締めつつ 
最高の時間を自由にエンジョイしている様子は
打撃を与えてくれましたね
それぞれの胸に青春や人生の折々 
その傍らにあった音楽を宝物のように大事にし
今このとき
クラプトンそしてウィンウッドとともに共有する幸せを最高に膨らませている!
にわかフアンの私にはそんな風に感じられました
知っている曲目はほんの少ししかありませんが
ジョージアオーマイマインドが深く心に残りました
何もわからずに聞いてもハートが聞いてくれるのだと
改めて音楽の深さを知った思いです
そしてアコースティックヴァージョンのレイラは圧巻でした
これを聞きたくて行ったようなものですから
帰りにDVDを買いポスターを貰い Tシャツまで買って
セブンティーンになったような気持ちで帰ってきました
なんでも心柔らかくチャレンジしてみるものですね
パッピーな一夜でした
ありがとう! 今そんな気持ちでこれを書いています


( 造詣の深い方々にとって的外れな表現があるかも知れませんが
  何しろ初めて聞いたので・・お許しくださいね )



今日もみなさんがハッピーでありますように



東 園己公式ホームページ
お問い合わせ・メッセージ・メールなどはこちらからどうぞ



FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。