Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

旭川オペラ「カルメン」無事に終了いたしました!

ポチしてね








カルメン バラ小


先日10月8日日曜日 旭川オペラ「カルメン」が終了いたしました

この時期の旭川にしてはポカポカのお天気 公演の最後のほうに雨は降ったものの
満員満席のお客様においでいただき 温かな拍手をたくさんたくさん頂いて歌い終えることができました


今回の公演は 市民オペラということもあり すべてが手作り
会場はもと倉庫を改造した市民交流センターCocodeの本来の舞台を方向を変えて設置するとこらからの始まりです


カルメン 1幕


どうでしょう 倉庫のレンガの壁と二階廊下を上手く使って 舞台セットのように見えますでしょう
主催者であり 演出そして歌手としても出演された西島厚さんの企画・演出はとてもホットで悪条件を好条件に変え 
さすが南米などでもオペラ制作を手掛けてらしただけあり
創意と工夫を凝らしたもので各所にみられるセンスには圧倒されました



カルメン 3幕





合唱団のほとんどの方が地元一般の方で年齢も様々
どれだけオペラの合唱を覚えて演技されるのが大変だったか想像を超えるものだったと思います
昨年の「椿姫」に引き続き出演された方も多かったようで
何よりオペラを楽しんでらしたのが印象に残りました


カルメン ジプシーソング

この写真は2幕冒頭「ジプシーソング」
お気づきでしょうか カルメンはブルーの衣装を着ております
普通 カルメンでブルーを着るのは ホセのいいなづけミカエラのです
西島演出では 元々原作になかったミカエラの登場をすべてカットし ストーリーを非常に明確にしました
そして カルメンの性格をより人間的により女性的に表出させ 悲恋のヒロインとして最初から最後まで作り上げました
正直 最初はなにをどうしてよいかわからず 戸惑いばかりで途方にくれました・・
何度か演じてきた演目だけに混乱が起きたのです
でも 心底ホセに惚れぬいてしまった結果「死」をもってしか成就できなかったジプシーの人生は
まるで「椿姫」のように悲しく切ないのだと納得したとき自分なりに演じる方向が見えてきたように思います
ラストシーン ホセからもらった指輪は投げませんでした
涙ながらに「この指輪はあんたに返す」と歌ったとき 会場からすすり泣く声がたくさん聞こえました
途端に涙がこみ上げ  舞台の上で泣いたのは初めてでした
オペラ最後「カルメン いとしのカルメン」と歌うホセの目からも涙が・・
大きな集中力と繊細な感でが表出し 
会場が一体になって幕を閉じることができました


カルメン ラスト


共演者たちの温かなアドバイスや励ましがどれほど支えになったことでしょうか
オペラはチームだなあと つくづく感じましたし また更に勉強させていただいた感じがします
テノールの岡崎正治さんのホセは 溢れ出る泉のように豊かで輝きを持った声で観衆を魅了してくださいました
長年何度もパートナーとして歌わせていただいており 何の心配もなく歌わせていただくことができました
また エスカミーリオ フラスキータ メルセデス レメンダード ズニガ どなたも非常に熱心な方ばかりで
役作りに向う姿勢や本番での演じ方などとても感心させられました
出演者の中に 門下生の 長谷田有美さん 藤平竜多さんがいたことも嬉しかったです
そして ダンカイロを演じられた西島厚さんは もうオールマイティーというにはあまりに過酷なオペラ制作を背負いつつ
ジプシーのリーダーという風格をたっぷりに醸し出し また随所に入るMCでは温かく会場のお客様を包み込み
「オペラ愛」溢れる方だなあと再確認させられました


カルメン 2幕ラスト


幸せな時間でした・・最初から最後まで本当に楽しかったです
毎回の稽古もいつもわくわくしていましたし 私自身ビゼーの「カルメン」という作品に出合えたことが感謝ですし
カルメンを演じることが許されるメゾソプラノであることを心から感謝しています



今回旭川での公演 電車や車で2時間ほどもかかります遠方での公演でしたのに
友人 知人 家族 そして 門下生 アルコバレーノのメンバーが駆けつけてくれました


カルメン 集合


なんと嬉しく 心強かったことでしょう
終演後 温かな笑顔で迎えてくださり本当に感激しました
また終了後の会場の撤収まで手伝ってくれてとても助かりました!


また新たな出会いが沢山ありました
フェイスブックなどで情報を知りご来場くださった方もいらっしゃいました
嬉しいですね!!

たくさんいらしてくださったお客様 スタッフの皆さま
共演者の方々 合唱団の皆様 メールや電報 お花を送ってくださった方々
そしてオペラ「カルメン」を企画してくださった西島さん
本当にありがとうございました
一生忘れられないオペラになりました

嬉しいことに来春札幌での再演が実現しそうです
なお一層役作りに励みます!!

カルメンを歌ううえで最も重要なこと それは・・

絶対に「太らないこと!!」
肝に銘じて節制いたします (;^ω^)



本当にありがとうございました  幸せでしたヽ(^。^)ノ




< 一枚目の写真は今回のカルメンの衣装 青 黒 赤 をイメージして撮ってみました  >



ポチしてね




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arcobaleno3.blog.fc2.com/tb.php/255-c99f8d25
該当の記事は見つかりませんでした。