Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

華やかな夜会シーンはパワフルに☆☆☆












土曜日23日から 10月5日6日公演 北海道二期会オペラ「こうもり」の演出稽古が行われています
昨日は初めて合唱メンバーとの総合練習でした
オルロフスキー役の私は 原楽譜では2幕からの登場となりますが(今回は2幕仕立て)
ほとんどの場面を合唱の皆さんとタッグを組みます
大勢が舞台狭しと演じる大パーティーの場面とあって 稽古も迫力がありました



こうもり1


シュトラウス作曲の「こうもり」
ああ!!この曲知ってる!!と言った なじみの深い曲も多く
特に 2幕のパーティーシーンではおなじみのワルツも飛び出します
「演者がまず楽しんで!!」演出の岩田達宗氏の言葉が心に響きました



こうもり2


大勢の人間を生き生きと舞台に配するのは パワフルなお仕事です
岩田氏の熱が伝導し 初めて演技をする合唱団の方々も素敵な笑顔で歌ってらっしゃいました






koumori3.jpg


女性陣に囲まれる 幸せなキャラクターを演出された男性もいらっしゃいます
瞬時に出演者のパーソナリティーを見抜き
適切な個性付けをしていく演出には目を見張るものがありました
当然なことなのでしょうが 演出家の頭の中は光の速度で舞台を構成していきます
私の歌う場面では 合唱抜きで練習していた時と感覚が全然違って
声も表現ももっともっと必要だと感じました・・
少しずつですが オルロフスキーという役・・好きになってきたかもしれません
(正直 最初は 失敗したかな・・と感じてました・・どうして良いかわからなくて・・)


合唱のメンバーの中には お顔はわかっていたけどお話をしたことがなかった方もいらしたり
勤め先だった学校の卒業生がいらしたりで 
今回のオペラ出演がきっかけで仲良くさせていただいたり お話しができたりして嬉しかったです
オペラは相当な人数が関わりますから 人と人との繋がりも構築されていきます
アルコバレーノのメンバーも楽しそうに参加していて 見ていて微笑ましかったです
同じ舞台で同じ時間を共有できるのは 本当に素敵なことです

私が出演させていただくのは2日目6日の公演となります
まもなくパンフレットが仕上がってきますが
5日 6日共に魅力的なキャスティング
どうぞ どうぞ 沢山のお客様がいらしてくださいますように!!
チケットも間もなくの発売です☆
詳しくは改めてお知らせいたします
日本語上演でと~ってもわかりやすいですよ

あ・・稽古は今夜もあります!!!



メール・コメントお問い合わせなどはHPからいらしてくださいませ
東 園己公式ホームページ

・・ランキング・・すみません ポチっとお願いいたしますFC2 Blog Ranking












スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。