Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

あと一か月 50回記念メモリアルコンサート

ポチしてね





>アルコバレーノの50回記念公演もあと1ヶ月に迫ってきました(^-^;💦
日曜日ごとに午前10時半~午後17時まで 長い時間の稽古が行われています


昨日は午前は 1部ステージで演奏される ロッシーニのオペラ セビリアの理髪師より 6重唱の稽古 午後からは 2部ステージ ドニゼッティのオペラ ラ ファボリータの初めての通し稽古でした 🎶

セビリアの6重唱は 私自身がとても憧れていた曲で楽しく 快活✨ これ一曲聴いただけでロッシーニの素敵さが伝わってくるような重唱です
スケジュールやプロデュース全般の兼ね合いがあり 私が歌う事は叶いませんでしたがメンバーが頑張って練習してくれています


かなりのドタバタ場面で6人それぞれの登場人物がクセ者揃い 歌唱も早いテンポにぎっしりと詰まった言葉を駆使するのが難儀で イタリア語の美しさがキーとなります 昨年の秋くらいから準備をしてきましたが のんびりモードのメンバーもいよいよ切羽詰まって来ましたね こういったテンションの高いオペラのレッスンはついつい私のテンションも上がります 見てられなくなり つい 自分でやってしまうのは良いのか悪いのか( ̄▽ ̄;) 特に酔っ払いに扮する伯爵の演技は喜劇の要となるので 何度も何度もやって見せて つられて笑ってしまうようなパフォーマンスに引き上げるように指導します 役柄の特徴がそれぞれ出るようこれからもっとやらないと…

セビリア1


午後からは2部ステージの稽古と初通し稽古
私自身 1幕から終幕まで 飛び飛びのハイライト演奏ですが 本当に手強いなあって印象でした( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`) 前半歌ってからのアリアがなかなかのハード ピアニッシモが多いハードさ 諸々のハード加減💧 暗譜もあわわわって感じでしたので 残りの時間詰めて行きたいです (ง •̀_•́)ง

それでも 最初から最後まで通しができて良かった(*^^*) 課題が明確になるのは感謝な事です オペラ 楽しい😊

アルコバレーノ追いコン 卒業していく君たちへ

ポチしてね



旅立ちの時が   来る


多くの時間を共有してきた   沢山のことがありすぎて

何から語って良いのか わからないくらい


追いコン4


 舞台というこの上なく素敵な < 居場所 >


 歌というこの上なく素直な < 心 >


宝石のような時間だったんだね   今思えば





追いコン1


 
出会いって あると思う

出会って 一緒に歌えば すぐに仲間になれる


4年間 続けて来たんだから  それをね





追いコン2

 


自分が22歳の時って どうだったんだろう

音楽は続けるものだって  疑いもしてなかったように思う


好きだったから  歌うのが


それしか なかったし


他  なんにも できないから




追いコン5


でも君たちは 違う

なんだって できる

沢山のタレントを持っているから


でも  覚えていてほしいんだよね

心が震えるような  感動を





林2


まだ幼い顔つきで  恐る恐る扉を開けたんだよね

自分の力で  しっかりと






藤平1



誰の力でもなく


自分の力で 自分の選びで 


表現し続けたんだ





追いコン9



時はゆっくりでも   早くでも流れる


時間って  本当になんだろうね






篠原1


やってみよう!  って思うことが 


まず大事なんだね


じゃなきゃ  始まらない  なにもかも



追いコン8



あの頃はよかったな  なんて振り返るばかりじゃつまらない

まず落ち着いてから・・なんて


落ち着くことなんて  ずっとないから


走るしかないの  ずっとね


ニセコ7


不思議だよね

素敵なことばっかり 思い出に残る


楽しいことは また楽しみたいと思うもの








追いコン6





先生なんて  名前ばっかり

ちょっとは歌のことを経験しているだけで

いっぱい 教えてもらった


君たちに






追いコン7



また 歌おうね


虹のかけ橋






プレゼント


今年 9月3日 に この本読むよ


ありがとう


また 歌おうね

アルコバレーノ50回記念コンサート 準備が進んでおります☆彡

ポチしてね




そのみ 雪景色


時間って 本当に 過ぎていきますよね・・・







まだまだだと思っていた 雪まつりも終わっちゃいましたし・・・



スターうおーず






ちょっとだけ行けたんですよ 雪まつり
プロジェクションマッピングってのが 最近の主流ですね
これは スターウオーズ 短い上映でしたがカッコよかったです








あれよあれよって間に 公演まであと一か月・・

やだなあ・・もう・・(´;ω;`)ウッ…


稽古は何とか進んでおります

私が頑張らなくちゃって感じなのですが・・




稽古2


いいオペラなんですよ  わかりやすいし
音楽もナチュララル

ただ 本当にいい声で歌わないと駄目だ・・・そこです 真のベルカントオペラ


初めてレオノーラのアリアを歌ったのは たぶん20歳の時だと思います
年のことは言いませんが(笑) なんと長い間勉強してきたことでしょう・・
だからこそ ちゃんと歌いたいんですよね 本当にちゃんと

岡崎正治さん  三輪恭主さんという いいお声の共演者と 大塚茜さんの美しいピアノ
ハイライトではありますが 十分にこの「ラ ファヴォリータ」というオペラの核をお伝えすることができると信じています
それには 私がもっとちゃんとしないとです!!

アルコバレーノのメンバーに加わり 協力して下さるアンサンブルメンバーの方々のお気持ちにもとても感謝しています


公演は3月26日日曜日14時間より 札幌 六花亭ホール  チケット3000円
(チケット予約 販売 ⇒080 6081 8688 )


まだ お席ございます  アルコバレーノ50回記念のオペラ どうぞ聞いてくださいませ
お待ち申し上げます



IMG_6121.jpg
  



9日 初立稽古 & 新年会でした(*'▽')

ポチしてね




9日1



新年開けて 5日に勉強会があり
9日 3月50記念コンサートに演奏する ドニゼッティ オペラ ラ・ファヴォリータの合唱立稽古をしました
本来 長編のオペラを抜粋してコンパクトな形にしましたが 合唱が大きなウエイトをしめます
この日が芝居を付ける最初の稽古で 慣れた人も初めての人もいましたが
皆さんそれぞれ演じることにためらいなくチャレンジされていたように思いました



9日2


冒頭 端正な男声合唱は ハ長調で書かれており
何とも言えない 悲しさが漂う曲です
ただ1オクターブ上がって下がるだけのシンプルなメロディーですが
実に修道士の規律ある生活を表現していると思うのです
この日はざっくりとした動きだけの表しで終わりましたが
これから それぞれの個性が現れてくるといいなと考えています

女性は ヒロイン レオノーラの侍女イネスのアリアの中で明るく調和する仲間たちとして合唱は登場します
天国のように素晴らしい島レオーネ島での女性たちの喜びをかわいらしいレッジエーロな曲調で書かれており
後に牢獄に捕まり恐らく処刑されたであろうイネスの一番幸せな時に歌われる曲
華やかで清楚な芝居が求められます

そして フェルナンドが 愛するレオノーラが王の妾で知った後に歌われる合唱曲は壮大で
ベルカントオペラそのものといった 声の響きの素晴らしさが肝心な合唱曲
舞台に乗っている人間のそれぞれの思いが重なってできています


最後の合唱部分は レオノーラが城をでて 当てもなく彷徨い命の終わりにフェルナンドのいるであろう
修道院を訪ねてくる場面で影歌として歌われる 讃美歌


どの曲もどの場面も好きですね・・・
オペラは観るのも歌うのも楽しいのだということを実感していただけるように指導できたらいいなあと思いますし
また同じ思いで 舞台に立てたらよいなあと思います
次回の稽古はキャストが入ります
早いもので公演まであと2月半になりました
一歩一歩前進したいものです☆彡


稽古終了後 新年会をしました
楽しかったですね 食事を共にするとぐんと近づいて仲良くなれます
いつもできないお話をしたり ゲームをしたり 歌を歌ったり
いい時間でした 音楽がつないでくれた仲間です
大事にしたいと思います(*'▽')

9日3


新年のご挨拶をさせていただきました (;^ω^)💦




9日4


ピアニスト 大塚茜さんの 結婚祝い ♡ いつまでもお幸せにね
感慨無量です・・・感涙 本当におめでとう!





9日5
 

札幌はすごく寒くて 毎日厳しい気候です
皆さま どうぞお体大事になさってくださいませね
車の運転も気を付けましょう  








新年 時計台ホールにて 勉強会&稽古でした☆彡

ポチしてね



時計台1


今年の稽古はじめは5日 札幌時計台ホールをお借りして 勉強会&ファヴォリータ ソリストと合唱の初稽古でした

札幌時計台ホールは今やもう人気過ぎて 使用するのはなかなか大変な競争率なのですが
昨年調べたら 5日は空いており 贅沢なことですが 良い響きのホールで皆に歌って貰いたくお借りすることにしました

毎回のことなのですが 勉強会は 極度の緊張状態で演奏してしまい
メンバーそれぞれ 伸び伸びと声を出すことも表現することもできずに終ってしまった気がしました
せっかくホールでの試演だったのですが う~ん・・・
場の雰囲気に流されず 声を出すのは難しいことですが 前に進まないと話にならないのです
今回の演奏をバネに みんな前進してくれればいいなあと思いました

時計台4



納得のいく練習とそれに裏付けされた勇気が必要ですね





後半は テノールの岡崎正治さん  バリトンの三輪主恭さんに入って頂き
ドニゼッティのオペラ ラ ファヴォリータの稽古をしました

時計台3

なかなか上演されることの少ないこのオペラですが 大変に端正で美しい音楽!アリアはどれもに有名です
今回 アリアも含めてハイライトで重唱や合唱も演奏します
私はまだまだ譜読みの段階ですが 稽古から幸せな気持ちで歌わせていただいています
なにしろ アルコバレーノで上演するのが夢でしたし 長年の憧れのオペラですから


時計台2


新年早々の稽古 楽しかった~ 合唱もみんな頑張ってましたね
いよいよ来週から立稽古が始まります
わくわくします





稽古が終わって 札幌駅に向かったメンバーで少々おしゃべりタイム (*'▽')


勉強会の後で



とっても美味しいビールを頂きつつ 楽しかったです

時間ってあるようで・・ないようで・・
目標に向って コツコツ積み上げていきたいと 念頭に誓った勉強会&稽古でした



アルコバレーノ メモリアルコンサート
チケット 発売しております
ブログからのお申し込みも受け付けております
下のメールフォームからでも  アルコバレーノ事務局(08060818688)からでもオッケーです
どうぞよろしくお願いします☆彡


IMG_6122.jpg
IMG_6121.jpg