Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

コンサートのチラシに纏わるお話2

ポチしてね


ガツンと引いてしまった風邪も一週間経って随分良くなりました
とはいえ まだ鼻声 鼻詰まり(*p´д`q)゚。
昨夜は久しぶりの稽古でした
何とか歌いましたが…
本番までまだ時間があるので 良かった…
風邪 怖いですね 💦




手前はバリトン三輪主泰さん




まだ雪が降る日も多く 気温がなかなか上がってくれません
どうぞ皆様もお気をつけくださいね



さて前回 コンサートのチラシのお話をさせて頂きましたが
第2弾✩
今回のアルコバレーノの50回メモリアルコンサートは 前半第1ステージがアルコバレーノメンバーによるソロや重唱のコンサート
第2ステージが ドニゼッティ オペラ ラ・ファボリータとなっています

ファボリータのチラシに合う写真選びはなかなかがかかりました
やはり オペラのストーリーの背景にある教会がイメージしやすいと思いましたし
画として素敵だなと思いました
今まで教会は何度も写してますが インパクトのあるようなものは探しても無く
かと言って フリー素材みたいな写真を使うのはね…

で 1泊で行っちゃったんです
…函館 笑
車で5時間近く(^-^;💦

函館はホントに大好きな街
もう何度行ったことか(*˘︶˘*)
建物や雰囲気 食べ物(これ重要)
全部好き*(^o^)/*

ロープウェイ乗り場の近くに沢山教会がありますから
かなりの時間廻って撮影しました
縦構図のチラシをイメージしながら…💦

教会の窓 屋根 扉 色々模索しました
結局 これになりました











ハリストス正教会の屋根をクローズアップし
蛍光モードで全体に濃いブルーで撮ったものです
ノーマルな色合いも良かったのですが
ブルーにする事で オペラの持つファンタジーな感じが強調できるかな なんて思ったんです
なあんて ~ あとは思いつかなかっただけんですけどね(^-^;💦
今回のファボリータの演出では 十字架がかなり印象に残るものになっていると思います
この写真のようなイメージが 舞台で反映出来たら良いな と思います
しかし 舞台セットがあるわけでも 立派な衣装があるわけでもなく 自分で付けた演出です
幕が降りるまでドキドキです
観て下さったお客様に オペラって面白いなあ
って言って頂けたら最高なんですけどね


出来上がったチラシはこちらです




協力して下さる方がいまして 立派なチラシになりました 感謝です(*^^*)





おまけ







笑笑(ノ≧∀≦)ノ




コンサートのチラシ

ポチしてね





コンサートも近づいて来ました が 情けなくもやっちゃいました…風邪…😷 困ったあ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`) もう数日声出して練習出来てません 私が風邪引くの珍しいんですけどね 咳や鼻水で 酷い目に合いました 少し回復して来たので ようやく歌えるかな… 徹夜したりしたのが たたりました トホホ
何故徹夜したかは またお話したいと思います

今日は コンサートのチラシのお話
最近のアルコバレーノのチラシ 背景の写真は私が撮影したものを使用させて頂いています 今回のチラシは特に50回記念とあって 悩みました
まずは第1ステージのチラシについて

チラシ イメージって大事だし 何か表現出来たらなあって思うんです
決して歌のテクニックは急加速はしないけどコツコツ大好きで続けてきたメンバーの歌声





真っ直ぐに山に向かって走る鈍行列車
私のイメージはこんな感じかしらと思いました
山にはまだ雪が残り 春先です
これは仁木町のとある線路際から撮影したもので好きな鉄道風景です 改めて文字の載っていない写真を見つめてみると この写真にして良かったかなって思います メンバーをイメージしたはずが なんと私自身の姿だと気が付きました まだまだ振り返るなんてことは出来ないけれど まさにゆっくりコツコツ音楽人生を歩んで来たなあと感じます
JR北海道は廃線も廃駅も多いし前途多難な鉄道だけれど まだこうして一両でも二両でも大変な冬を乗り越え走っています
50回続けて来れたのも運転手さんだけの功績ではなく 支えてくれた沢山の方のお陰です
大事に大事にしていきたいと思います
歌う事 続けること

それにしても昨年からずっと時間がなく まともに鉄道写真撮ってないなあ
思いっきり鉄分補給してみたいものです

チラシに纏わるお話でした
最後まで読んで下さりありがとうございました(//∇//)

あと一か月 50回記念メモリアルコンサート

ポチしてね





>アルコバレーノの50回記念公演もあと1ヶ月に迫ってきました(^-^;💦
日曜日ごとに午前10時半~午後17時まで 長い時間の稽古が行われています


昨日は午前は 1部ステージで演奏される ロッシーニのオペラ セビリアの理髪師より 6重唱の稽古 午後からは 2部ステージ ドニゼッティのオペラ ラ ファボリータの初めての通し稽古でした 🎶

セビリアの6重唱は 私自身がとても憧れていた曲で楽しく 快活✨ これ一曲聴いただけでロッシーニの素敵さが伝わってくるような重唱です
スケジュールやプロデュース全般の兼ね合いがあり 私が歌う事は叶いませんでしたがメンバーが頑張って練習してくれています


かなりのドタバタ場面で6人それぞれの登場人物がクセ者揃い 歌唱も早いテンポにぎっしりと詰まった言葉を駆使するのが難儀で イタリア語の美しさがキーとなります 昨年の秋くらいから準備をしてきましたが のんびりモードのメンバーもいよいよ切羽詰まって来ましたね こういったテンションの高いオペラのレッスンはついつい私のテンションも上がります 見てられなくなり つい 自分でやってしまうのは良いのか悪いのか( ̄▽ ̄;) 特に酔っ払いに扮する伯爵の演技は喜劇の要となるので 何度も何度もやって見せて つられて笑ってしまうようなパフォーマンスに引き上げるように指導します 役柄の特徴がそれぞれ出るようこれからもっとやらないと…

セビリア1


午後からは2部ステージの稽古と初通し稽古
私自身 1幕から終幕まで 飛び飛びのハイライト演奏ですが 本当に手強いなあって印象でした( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`) 前半歌ってからのアリアがなかなかのハード ピアニッシモが多いハードさ 諸々のハード加減💧 暗譜もあわわわって感じでしたので 残りの時間詰めて行きたいです (ง •̀_•́)ง

それでも 最初から最後まで通しができて良かった(*^^*) 課題が明確になるのは感謝な事です オペラ 楽しい😊

アルコバレーノ追いコン 卒業していく君たちへ

ポチしてね



旅立ちの時が   来る


多くの時間を共有してきた   沢山のことがありすぎて

何から語って良いのか わからないくらい


追いコン4


 舞台というこの上なく素敵な < 居場所 >


 歌というこの上なく素直な < 心 >


宝石のような時間だったんだね   今思えば





追いコン1


 
出会いって あると思う

出会って 一緒に歌えば すぐに仲間になれる


4年間 続けて来たんだから  それをね





追いコン2

 


自分が22歳の時って どうだったんだろう

音楽は続けるものだって  疑いもしてなかったように思う


好きだったから  歌うのが


それしか なかったし


他  なんにも できないから




追いコン5


でも君たちは 違う

なんだって できる

沢山のタレントを持っているから


でも  覚えていてほしいんだよね

心が震えるような  感動を





林2


まだ幼い顔つきで  恐る恐る扉を開けたんだよね

自分の力で  しっかりと






藤平1



誰の力でもなく


自分の力で 自分の選びで 


表現し続けたんだ





追いコン9



時はゆっくりでも   早くでも流れる


時間って  本当になんだろうね






篠原1


やってみよう!  って思うことが 


まず大事なんだね


じゃなきゃ  始まらない  なにもかも



追いコン8



あの頃はよかったな  なんて振り返るばかりじゃつまらない

まず落ち着いてから・・なんて


落ち着くことなんて  ずっとないから


走るしかないの  ずっとね


ニセコ7


不思議だよね

素敵なことばっかり 思い出に残る


楽しいことは また楽しみたいと思うもの








追いコン6





先生なんて  名前ばっかり

ちょっとは歌のことを経験しているだけで

いっぱい 教えてもらった


君たちに






追いコン7



また 歌おうね


虹のかけ橋






プレゼント


今年 9月3日 に この本読むよ


ありがとう


また 歌おうね

アルコバレーノ50回記念コンサート 準備が進んでおります☆彡

ポチしてね




そのみ 雪景色


時間って 本当に 過ぎていきますよね・・・







まだまだだと思っていた 雪まつりも終わっちゃいましたし・・・



スターうおーず






ちょっとだけ行けたんですよ 雪まつり
プロジェクションマッピングってのが 最近の主流ですね
これは スターウオーズ 短い上映でしたがカッコよかったです








あれよあれよって間に 公演まであと一か月・・

やだなあ・・もう・・(´;ω;`)ウッ…


稽古は何とか進んでおります

私が頑張らなくちゃって感じなのですが・・




稽古2


いいオペラなんですよ  わかりやすいし
音楽もナチュララル

ただ 本当にいい声で歌わないと駄目だ・・・そこです 真のベルカントオペラ


初めてレオノーラのアリアを歌ったのは たぶん20歳の時だと思います
年のことは言いませんが(笑) なんと長い間勉強してきたことでしょう・・
だからこそ ちゃんと歌いたいんですよね 本当にちゃんと

岡崎正治さん  三輪恭主さんという いいお声の共演者と 大塚茜さんの美しいピアノ
ハイライトではありますが 十分にこの「ラ ファヴォリータ」というオペラの核をお伝えすることができると信じています
それには 私がもっとちゃんとしないとです!!

アルコバレーノのメンバーに加わり 協力して下さるアンサンブルメンバーの方々のお気持ちにもとても感謝しています


公演は3月26日日曜日14時間より 札幌 六花亭ホール  チケット3000円
(チケット予約 販売 ⇒080 6081 8688 )


まだ お席ございます  アルコバレーノ50回記念のオペラ どうぞ聞いてくださいませ
お待ち申し上げます



IMG_6121.jpg