Arcobaleno3 メゾソプラノ東園己音楽日記

北海道在住 メゾソプラノ東園己の音楽日記 演奏活動や稽古のバックヤードなどパワフルな音楽生活をお届けいたします
MENU

アルコバレーノ50回記念コンサート 準備が進んでおります☆彡

ポチしてね




そのみ 雪景色


時間って 本当に 過ぎていきますよね・・・







まだまだだと思っていた 雪まつりも終わっちゃいましたし・・・



スターうおーず






ちょっとだけ行けたんですよ 雪まつり
プロジェクションマッピングってのが 最近の主流ですね
これは スターウオーズ 短い上映でしたがカッコよかったです








あれよあれよって間に 公演まであと一か月・・

やだなあ・・もう・・(´;ω;`)ウッ…


稽古は何とか進んでおります

私が頑張らなくちゃって感じなのですが・・




稽古2


いいオペラなんですよ  わかりやすいし
音楽もナチュララル

ただ 本当にいい声で歌わないと駄目だ・・・そこです 真のベルカントオペラ


初めてレオノーラのアリアを歌ったのは たぶん20歳の時だと思います
年のことは言いませんが(笑) なんと長い間勉強してきたことでしょう・・
だからこそ ちゃんと歌いたいんですよね 本当にちゃんと

岡崎正治さん  三輪恭主さんという いいお声の共演者と 大塚茜さんの美しいピアノ
ハイライトではありますが 十分にこの「ラ ファヴォリータ」というオペラの核をお伝えすることができると信じています
それには 私がもっとちゃんとしないとです!!

アルコバレーノのメンバーに加わり 協力して下さるアンサンブルメンバーの方々のお気持ちにもとても感謝しています


公演は3月26日日曜日14時間より 札幌 六花亭ホール  チケット3000円
(チケット予約 販売 ⇒080 6081 8688 )


まだ お席ございます  アルコバレーノ50回記念のオペラ どうぞ聞いてくださいませ
お待ち申し上げます



IMG_6121.jpg
  



9日 初立稽古 & 新年会でした(*'▽')

ポチしてね




9日1



新年開けて 5日に勉強会があり
9日 3月50記念コンサートに演奏する ドニゼッティ オペラ ラ・ファヴォリータの合唱立稽古をしました
本来 長編のオペラを抜粋してコンパクトな形にしましたが 合唱が大きなウエイトをしめます
この日が芝居を付ける最初の稽古で 慣れた人も初めての人もいましたが
皆さんそれぞれ演じることにためらいなくチャレンジされていたように思いました



9日2


冒頭 端正な男声合唱は ハ長調で書かれており
何とも言えない 悲しさが漂う曲です
ただ1オクターブ上がって下がるだけのシンプルなメロディーですが
実に修道士の規律ある生活を表現していると思うのです
この日はざっくりとした動きだけの表しで終わりましたが
これから それぞれの個性が現れてくるといいなと考えています

女性は ヒロイン レオノーラの侍女イネスのアリアの中で明るく調和する仲間たちとして合唱は登場します
天国のように素晴らしい島レオーネ島での女性たちの喜びをかわいらしいレッジエーロな曲調で書かれており
後に牢獄に捕まり恐らく処刑されたであろうイネスの一番幸せな時に歌われる曲
華やかで清楚な芝居が求められます

そして フェルナンドが 愛するレオノーラが王の妾で知った後に歌われる合唱曲は壮大で
ベルカントオペラそのものといった 声の響きの素晴らしさが肝心な合唱曲
舞台に乗っている人間のそれぞれの思いが重なってできています


最後の合唱部分は レオノーラが城をでて 当てもなく彷徨い命の終わりにフェルナンドのいるであろう
修道院を訪ねてくる場面で影歌として歌われる 讃美歌


どの曲もどの場面も好きですね・・・
オペラは観るのも歌うのも楽しいのだということを実感していただけるように指導できたらいいなあと思いますし
また同じ思いで 舞台に立てたらよいなあと思います
次回の稽古はキャストが入ります
早いもので公演まであと2月半になりました
一歩一歩前進したいものです☆彡


稽古終了後 新年会をしました
楽しかったですね 食事を共にするとぐんと近づいて仲良くなれます
いつもできないお話をしたり ゲームをしたり 歌を歌ったり
いい時間でした 音楽がつないでくれた仲間です
大事にしたいと思います(*'▽')

9日3


新年のご挨拶をさせていただきました (;^ω^)💦




9日4


ピアニスト 大塚茜さんの 結婚祝い ♡ いつまでもお幸せにね
感慨無量です・・・感涙 本当におめでとう!





9日5
 

札幌はすごく寒くて 毎日厳しい気候です
皆さま どうぞお体大事になさってくださいませね
車の運転も気を付けましょう  








新年 時計台ホールにて 勉強会&稽古でした☆彡

ポチしてね



時計台1


今年の稽古はじめは5日 札幌時計台ホールをお借りして 勉強会&ファヴォリータ ソリストと合唱の初稽古でした

札幌時計台ホールは今やもう人気過ぎて 使用するのはなかなか大変な競争率なのですが
昨年調べたら 5日は空いており 贅沢なことですが 良い響きのホールで皆に歌って貰いたくお借りすることにしました

毎回のことなのですが 勉強会は 極度の緊張状態で演奏してしまい
メンバーそれぞれ 伸び伸びと声を出すことも表現することもできずに終ってしまった気がしました
せっかくホールでの試演だったのですが う~ん・・・
場の雰囲気に流されず 声を出すのは難しいことですが 前に進まないと話にならないのです
今回の演奏をバネに みんな前進してくれればいいなあと思いました

時計台4



納得のいく練習とそれに裏付けされた勇気が必要ですね





後半は テノールの岡崎正治さん  バリトンの三輪主恭さんに入って頂き
ドニゼッティのオペラ ラ ファヴォリータの稽古をしました

時計台3

なかなか上演されることの少ないこのオペラですが 大変に端正で美しい音楽!アリアはどれもに有名です
今回 アリアも含めてハイライトで重唱や合唱も演奏します
私はまだまだ譜読みの段階ですが 稽古から幸せな気持ちで歌わせていただいています
なにしろ アルコバレーノで上演するのが夢でしたし 長年の憧れのオペラですから


時計台2


新年早々の稽古 楽しかった~ 合唱もみんな頑張ってましたね
いよいよ来週から立稽古が始まります
わくわくします





稽古が終わって 札幌駅に向かったメンバーで少々おしゃべりタイム (*'▽')


勉強会の後で



とっても美味しいビールを頂きつつ 楽しかったです

時間ってあるようで・・ないようで・・
目標に向って コツコツ積み上げていきたいと 念頭に誓った勉強会&稽古でした



アルコバレーノ メモリアルコンサート
チケット 発売しております
ブログからのお申し込みも受け付けております
下のメールフォームからでも  アルコバレーノ事務局(08060818688)からでもオッケーです
どうぞよろしくお願いします☆彡


IMG_6122.jpg
IMG_6121.jpg

2017年になりました 昨年末のまとめと今年の色々(^▽^)/

ポチしてね



氷の鳥


あけまして おめでとうございます

昨年もお世話になりました  更新率の悪いこのブログ・・・
でも 何度も来てくださったり ポチしてくださったり
本当にありがとうございました
コンサートやオペラのCMみたいな記事ばかりですが
今年もぼちぼち書いていきますので お付き合いくださいませ (。>ω<。)ノ


昨年12月は 怒涛の日々で まずは 前半にオペラ公演が2回
私にとって昨年の一番ウエイトの大きな舞台でした
公演終了後 北海道新聞に講評を書いていただきました
これからの励みにさせていただきます!

切り抜きを頂いたので ↓

新聞1






オペラの翌週は 障害のある子が集う学校で クリスマスコンサートをさせていただきました


茜と2


思いのほか 喜んでいただき 拙い私の歌やお話に喜んでいただけて
沢山の幸せをいただきました
子供たちは 歌や音楽が大好きなのです
私にとって 貴重な経験になりました




茜と


ピアノ伴奏は 池田茜さん 結婚されて 大塚さんになりました
高校生からのお付き合いなので 本当に感慨ひとしお~♡
楽しい本番でした






それから もいわ山フォレストギャラリーの5周年記念イヴェントに呼んでいただきました
24日イヴの日に 雪山の中腹の素晴らしい会場で歌わせていただきました


クリスマス2


アルコバレーノメンバーと 秋に続いて 一緒に歌えたのは気持ちが良かったです





クリスマス3


リハーサルからテンションアップ(^-^)/



さすがに夜の雪山は寒く 前日とてつもなく雪が降ったので交通手段がかなりマヒしていましたので
いらっしゃる予定だったお客様が来れなかったのが残念でしたが
クリスマスにちなんだ曲や 皆さん良くご存じの歌を演奏させていただき嬉しいイヴの日となりました
ガラス窓の向こうが雪いっぱいなのがお分かりと思います
フォレストギャラリーのスタッフの皆様はじめ多くの方にお世話になりました



クリスマス1






大渋滞の札幌の街をなんとかへとへとになりながら移動し
打ち上げをしました 皆とこうした時間を持つのは本当に久しぶりでした


打ち上げ1


美味しいお酒をいただきつつ いろんなお話ができて楽しかったですね~





日曜日は我が家でクリスマスをお祝い☆彡

ケーキ1


ケーキをた~っぷり食べました \(//∇//)\
ダイエットは明日から・・笑



そうそう  クリスマスプレゼント 貰っちゃいました


ところざわ1


前からほしかった  お~っきなクマのぬいぐるみ
ふわっふわで癒されます
巨大なので存在感もビッグ!
毎日ムギュ~っとしてます WW
可愛いです



クリスマスの翌日は 1月21日 ルーテルホールでカルメンのアリアを2曲歌わせていただくので
そのレッスンでした 

それから アルコバレーノの合唱や重唱 ソロの伴奏レッスンなどもあり
なんとかかんとか こなすことができました

昨年は本当に忙しくて 何もかも遠いかなたのことのようです
ようやくお休みが来て こうしてPCに向ってブログを書いていると
ひとつひとつ思い出してきます


今年は嬉しいことに新しいチャレンジもあるし 歌うことがまたまたいっぱいです
健康っでいられるように節制し ヴォイストレーニングも積み重ねたいと思っております

アルコバレーノは 3月26日のメモリアルコンサートで 50回記念となります


50回・・・  本当はもう少し多いんですが
それにしても 記念すべき数字です

私だけの力では重ねられない数字です
それはそれは沢山のことがあり すべてが順調だったとはとても言えませんが
いい思い出だけが積み重なって 素敵な記念コンサートができるようにしたいと思います


IMG_6122.jpg
IMG_6121.jpg



一部は メンバーのソロコンサートや重唱 合唱を
二部は 客演をお呼びして 私の念願だった ドニゼッティのオペラ ラ・ファヴォリータを演奏いたします

新年5日から稽古が再開します
やらなくてはいけないことが山ほどあります・・
丁寧に練習して 納得いく舞台にしたいと思っております

チケットもすでに販売になっており ブログのメールフォーム または Facebookのメッセージなどからお申し込み
頂ければ幸いです
内容につきましては 追々またここでご紹介させていただければと思います


笑顔が沢山ある 歌の溢れる毎日になりますように
そして 皆さまにとっても素晴らしい一年になりますように

どうぞどうぞ 今年もよろしくお願い致します


そのみ 楽屋1

北海道二期会オペラ公演 カヴァレリア ルスティカーナ 終演しました

ポチしてね



2016年12月3日4日 北海道二期会オペラ公演「修道女アンジェリカ・カバレリア ルスティカーナ」無事に終えることができました

沢山のお客様においでいただき 二日間共に温かな拍手を頂き 本当に幸せな時間でした

5月から練習がスタートし半年以上 チームとして稽古を積み

全ての幕が降りた時には 感無量で 大きな達成感でいっぱいでした

ヴェリズモのオペラをシングルキャストで二日演ずることに心配していましたが

歌った経験のあるオペラだったこと そしてオペラ「ショパン」を主演した時に二日公演を経験していたこと

何より カバレリア・ルスティカーナというオペラが大好きなことが支えとなりました

とは言え 稽古やオケ合わせを含めて一週間に5回通してこのオペラを歌うのはさすがにしんどかったし

身体や喉のケアにも神経を使いました

本番の直前には何度か耳鼻科にも行きましたし(別になんでもなかったのですが・・)

食べ物の一食一食にも気を使い 大好きなビールも飲みたくなくなりました

今の時期風邪やインフルも怖いので 良いといわれるサプリや食品を探して摂り入れました

最後の最後まで苦しんだのは 緊張性の片頭痛で 慢性化した極度の肩こりと共に頭の痛くない日はなかったように思います



一度も笑顔になることのないオペラを歌うことで 気の滅入ることもありましたし 発声(声)の迷いもありました

でも なんでしょう・・ 私の状態がどうであれ いったん稽古場に入って マスカーニの音楽が流れると

スイッチが入って 脳が勝手にオペラを始めるんです

本当に不思議です 

色々なことがありすぎて 何から書いたら良いのかわかりませんが

今の私の持ってる声と表現力の多くを表出することができ 心からほっとしています

と同時に 終わってしまった今日も稽古したいような気持に襲われています

今は思いつかないけど まだやりのこしたことがきっと沢山あるのでしょう

表現に終わりはないのだと気づいたのは 一日目の公演が終わったあと 会場を出て帰宅するのに運転していた時です

大きなミスもないし それはそれで伸び伸び歌えたと思うし 公演直後は 「明日はもう歌いたくないな・・もうこれ以上できない」

って思ってたんです 

でも時間が経つうちに なんかやり残したことがあるとしたら悔しいな って思い始めたんですよね

特にトゥリッドゥとのやり取りは 自分の中で違和感があるシーンでした

直前まで 代役のテノールの方と稽古をしていて 本役の方との稽古は一回だけでした

だから 今思えば相手の動きを見すぎて 自分の演技の核が揺らいでいるのだと気づきました

「私は一体 誰に何を言っているんだ・・」 そう考えたら とてもナチュラルなことでした

とても簡単なことです でも一番見失うことでもあります

それともう一つ 「勇気」です

これは 仲間からの「言葉」がヒントになりました

ある方が 私のGP(ゲネプロ)を見ていてこう言いました

「東さんのサントゥツァってかっこいいんだよね」

これを聞いて嬉しいなと思う反面 ああ・・役柄に合ってない芝居をしているのかしら・・と気になっていました

確かに サントゥツァという役は 悲しみに暮れている人で カッコよさという言葉からは遠いから・・

ここにも 迷いがあったんですよね

でも 決め手の神ワードをもらうことができたんです

共演者の一人が 楽屋で言ってくれたこと 

 「思うままに 感じるままに演じたらいいと思うよ やっちゃいなよ やりたいように」

なんか すと~んと落ちたんですよね ストッパーみたいなものが!

二回目の舞台は 頭のどこかがすごく冷静で トゥリッドゥの姿がとても良く見えました

と同時にサントゥツァが可哀相で可哀相で何度も泣きそうになり

間奏曲の芝居では ボロボロ涙がでてきました

今まで沢山オペラを歌ってきましたが こんな経験は初めてでした

芝居を変えて歌ったのではなく サントゥツァが誰に何を言いたいのかがわかると芝居が変わったのです

この経験は今回のオペラを通して得た 一番の収穫でした

演者が迷って演じていたら お客様に伝わるはずがないです

でも一生懸命にやってるわけですから 迷っていることにも気が付かないわけですよ

正直 私なんか 一流の声を持っているわけじゃないですからね

声の魅力だけで全幕表現できるわけがない・・

一番最後まで 演出家の駄目出しが出ていたのも トゥリッドゥとのやり取りの部分でしたから

食い下がってみるものですね  これでいいと思ったとこから堕落するわけですよ

本当にいい勉強になりました 二日公演しないとわからなかったことです


今回も多くの方と出会い 多くの方にお世話になり 多くの方のお助けのおかげで乗り切ることができました

高額なチケットを購入して下さり 寒い中足を運んでくださり 沢山の励ましを頂きました

全く未知の方が Facebookから チケットを申し込んでくださったり 

合唱の方も歌はもちろん チケットも応援して下さいました


演出の岩田先生には もうどれだけのオペラ愛を示していただいたでしょうか

岩田先生の前に出ると もうレントゲンにかかったと同じ どんな勉強をしているのか すぐに見透かされます

厳しくもあり 大きな愛のある方で 心から尊敬し感謝しております

パッション 情熱 とはこの方のためにある言葉です

指揮の柴田先生とは今回初めてでしたが イタリア語の発語や フレーズィング 声の方向性まで

大変細かく教えていただき 柴田先生もオペラ愛の塊のような方でした

またぜひ 歌わせていただきたいと思っております

テノールの片寄さん ダイナミックな声でトゥリッドゥを熱演してくださいました

少ない稽古でしたが さすがプロ! バリバリ歌われて不安なく共演させていただきました

二期会メンバーの 平野さん 今野さん 越野さん ご一緒できて幸せでした

中身の濃い半年でしたね

合唱の皆さん 初舞台の方もいらっしゃって 新鮮な気持ちで共演させていただきました

長い稽古期間 ありがとうございました

音楽スタッフ 製作スタッフの皆さんにも本当にお世話になりました


そんなこんなで 書ききれないことの方が多いですが

無事に公演が終わったことと 感想を少しだけ書かせていただきました

舞台のお写真は まだ 無いのですが

楽屋や 練習 そして 打ち上げなどの写真を掲載いたします

例によって 楽屋裏は常にあわただしく ほとんど舞台衣装の写真がありません・・(悲)

カヴァレリアチーム 皆で撮った写真もなく 男性陣と写したものもなく・・・

まあ  こんなものですよね

あるものだけ 見てください  最後まで見てくださればうれしいです



カバ12


公演二日間とも 本当に良いお天気でした

特に3日は快晴でしたね



カバ9


オケ合わせ 芸術の森にて  今野さん 片寄さん  東  平野さん




カバ10


アンジェリカ に出演した 林田有美さん  カヴァレリア 合唱に出演した 藤平竜太さん




カバ15


二日目 終演後楽屋口にて





カバ6岩田先生と


尊敬する岩田先生と 打ち上げパーティーにて





カバ5


副指揮 塚田さん 合唱の皆さん  岡崎さん




カバ4


アンジェリカの皆さん  中央は アンジェリカ 千田さん  子役  今野君




カバ2


音楽スタッフ 右から  奥出さん  押切さん  池田さん 吉泉さん



カバ11


藤平さん  林田さん




カバ3


共演させていただいた皆さん




カバ7


稽古の時の  アルフィオ今野さんと 東


この演技を  打ち上げで・・・


カバ8



カバ1


スーパーテノール お二人

片寄さん 岡崎さん


カバ13


二次会で 皆さんと  二期会 伊藤さん  荊木さん


ああ・・・

またすぐにオペラやりたいです


ありがとうございました